×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者からのサックス上達方法、プロの指導でサックスがうまくなる

サックス上達法

悩めるサックス初心者の音作りを完全サポート。音楽教室で教われない14の掟とは!?

サックス上達法

いい音を作るための練習方法がわからないから”

サックスは「芸術的」な演奏レベルを求めなければ、比較的早く曲を演奏できる楽器として、

映画「スイング・ガールズ」公開以来絶大な人気となりました。吹奏楽部も大盛況。

学校のジャズ研も今ではギターよりもサックスが人気です。

また、今まで頑張ってきた仕事に一旦ピリオドを打ち、ご自分の時間が出来た方々が、

大人になってはじめて【サックスを吹いてみよう】と手にされる方も増えてきました。

でも、カッコよさに憧れていざ楽器を購入し、セッティングして、「さあ吹くぞ!」と言ったところで、

なかなか思うように吹けない、というかそもそも【音程が合わない!】し、

【吹くのが苦しい】そして【いい音で鳴ってくれない!】

「これは勢いで大変なものに手を出してしまったぞ」、と思われる方もいらっしゃるようです。

さてこの「いい音で鳴る」というのはどういうことでしょう?

サックスに限らず楽器を鳴らすためには、ただ息を適当に吹き込んで、

指使いを運指表のとおりやってもなかなか、この「いい音で鳴る」

というところまではいきません。どうしてでしょうか?


あなたのサックスの音が90日間で人に認められる音になる方法【特別講座】

サックス上達法

巷にあるたくさんのエチュードや曲集、さまざまなテキストがありますが、

この「いい音でサックスを鳴らす」ための教本が、実はあるようでありません。

私はサックスを手にして26年間、それはたくさんのテキストを買いあさりました。

いずれも素晴らしい先生やアーティストによるお手本が書いてあるのですが、どういうことか、

どうしても自分の知りたいことが書かれていない気がしていました。

そもそも、どんな手順でどんなガイドラインに沿ってやれば良い音が出るのか見当も付かない!

楽器店で売っているテキストの多くはどれも当然のことながら

「楽譜!」(爆)

そのテキストを開くと・・・

音楽の教科書の初歩的なこと・・・。

『それではこの譜面を吹いてみましょう』

ジャズサックスのやさしい始め方・・・。

『まずスケールを覚えましょう』

でも、でも!

あなたが本当に知りたいのは、音楽の仕組みじゃなくて

「この、しょぼい【音程フラフラ】のサックスの音が、どうしたら【人に認められるような音】になるのか!!! 」

ということではありませんか?

ここにあなたのサックスをいい音にする練習方法があります。

90日間の決まったワークです。

トライしますか?無視しますか?

選択はあなたのやる気次第です。


詳細ページ


あなたのサックスの音が90日間で人に認められる音になる方法【特別講座】



サックスの音は、90%呼吸法で決まります。


呼吸法の前に、アンブシュア(口の形やマウスピースを咥える口の内部や筋肉の状態の総称)を、
皆さん十分に気にしていらっしゃいますが、なぜか口の形を四苦八苦してみても、
音色に対してはあんまり効果がない、と思いませんか?

そ・れ・は、

演奏のための呼吸法は「新しい習慣」であり、
良いアンブシュアは「エクササイズ=筋トレ」であとから身に着くものだからです。

そしてもうひとつ重要なことですが、
あなたは、あなたにとって「良い音」を具体的にいつもイメージしていらっしゃいますか?

つ・ま・り、「人に認められる音=良い音だねと言われるために必要なこと」とは


ハードルが高いように思われるサックスの上達も・・・